因縁因果を超えさせてくれる教えです

                     < 世界平和の祈り >

                  世界人類が平和でありますように
                  日本が平和でありますように
                  私達の天命が完うされますように
                  守護霊様ありがとうございます
                  守護神様ありがとうございます




< 五井昌久著 「 宗教問答 」
   95ページ3行目から97ページ5行目まで >


『 問32  この世のすべては因縁因果の輪廻によって現われているので、
       因縁因果に支配されぬものはない、と宗教的にはいわれていますが、
       人間は因縁にがんじがらめに縛られているものでしょうか。
       この点お教え下さい。

答  この世の幸不幸、様々な環境は、
因縁因果によって現われていることには違いありません。

因縁因果を現代的にいえば原因結果であるのですから、

原因のない結果がないと同じように、

因が縁にふれて果を生ずるのですから、
この世はすべて因縁因果によって生じていることは間違いないのです。

しかし、こうした因縁因果を超えた世界に住もうと思い、
または人々をそうした世界に住まわせようと思って、

古来から宗教家といわれた人々が、
様々な修業をしてきているのであります。

そして大聖といわれた人々は、
因縁因果の世界に住みながら、

同時にその因縁因果を超えた
神仏の世界に居住していたのであります。

ですから、この世の現われは
因縁因果の波によってなされていながら、

その人の生き方いかんによっては、
その因縁因果の波を超越して
生活することも出来るのであります。

それがいわゆる宗教生活なのであって、

因縁因果だけを問題にして、
あなたの因縁がこうだから、こういう結果が生じたのだ、

あなたがこのような心をもったから、こんな運命になったのだ、
あなたの因縁が悪い、あなたの心が悪いというような説教は、

真実の宗教者の嫌むべきことなのであります。

宗教とは、因縁因果の教ではなく、

因縁因果を超えた、つまり原因結果を超えた神仏の教なのであります。

神仏の中には、
この世でいう悪や不幸の波をもつ、因縁因果などはないのであって、

悪や不幸や病気や貧乏は、
すべて神仏の心を離れた無明、
つまり迷いの中から生じたものなのであります。

ですから、この世は因縁因果の波動であって、
人間はその因縁因果の束縛を逃れることは出来ないと思っているのは、
真実の宗教を知らないということであり、

神仏と人間との真実の関係を知らないことから起っているのであります。

神は絶対なる智慧、全能力者でありまして、

神は原因結果を同時にもっているものであり、すべての権能であります。

そして人間は、そうした全能者の分生命、分霊なのであって、

その他の何者の子でもないのであります。

そう考えますと、
完全なる智慧者の絶対なる愛の神から分れた人間の世界に
悪や不幸が実在するわけがないのです。

ところが実際のこの世は悪や不幸で充満していて、
因縁因果の波に翻弄されて嘆き哀しんでいるのであります。

これはどうした間違いからくるのかといいますと、

現在の地上人類が、
神の完全性、人間の完全性を否定して、
業想念の因縁因果の波を殆んど全肯定していることから起るのです。

そこで真の宗教観の確立が急がれることになるので、

人間は神の子であり、本来完全性であって、

この世の因縁因果の波、
悪や不幸や病気等々の悪想念は、
過去の誤った想念行為の消えてゆく姿である、

という真理の言葉を肯定し、
その業想念を常に消し去ってくれている
守護の神霊への感謝行をつづけてゆくことが、
唯一のなすべきこととなってくるのであります。

そうしてゆくうち、
この世の因縁因果の波の底から、
神仏の完全性、
人間の本来因果たる汚れなき生命の力が、
この世にはっきり真善美の姿を現わしてくるのであります。 』



< 五井昌久著 「 続宗教問答 」
   33ページ8行目から34ページ2行目まで >


『 仏教的には、
仏のみ心からそのままでている想念行為の波動を、本来因果といっていて、

仏のみ心から離れた想念行為の波動を業因縁といっているのですから、

私はこの仏のみ心そのままに現われている本来因果のほうを、主にして取りあげ、

人間は仏性であり、神の子であるのだから、
暗い運命や不幸な状態、不調和な姿があるわけがないのだ、

現在現われている不幸、不調和といった環境は、

人間が、神のみ心から離れていて、
神の光明に浴そうとしなかった想念行為、

つまり光明に触れなかった暗い世界が、
今、光明に触れて消えてゆく姿となって、消え去ろうとしている、

波動調整のための、ゆれ動く姿なのだ、

いいかえていうならば、業因縁の消えてゆく姿なのだ、
と、普通暗い面にばかり用いていた因縁という言葉を、

神のみ心が人類世界に現われ出でるための、
暗の消えてゆく姿、として光明顕現の面にだけ使うことにしているのであります。 』



< 感謝の言葉 >


皆様、ブログを見て下さってありがとうございます。

仏教を特に学んだことのない私でも、
因縁因果という言葉は以前から知っておりました。
しかし、本来因果という言葉は、五井先生のご著書で初めて知りました。
この、本来因果の世界こそが、実は本ものなのですね。

五井先生は今回の文章の中で、
「 宗教とは、因縁因果の教えではなく、因縁因果を超えた、
  つまり原因結果を超えた神仏の教えなのであります 」
と書かれていますが、他のご著書に次のような文章がありました。

「 因縁因果を説くのでも、心の法則を説くのでも、
  人間の今日までの心は、こうしたものであったのだけれど、
  人間の本体というものは実は神そのものであって、
  自由自在なる大智慧、大光明をもつものであるのだ、
  ということを知らせるための前提のようなもので、
  指導される側が、そうした方法に心がひっかかってしまうような教えを
  なすべきではないのであります。
 
  例えれば、月を差す指のようなもので、
  月を差した指だけをいつまでもみつめさせて、
  月のほうに一向に眸がゆかぬような教えをしたのでは、
  その教えがかえってマイナスになって、人間がお互いの欠点を探りあい、
  お互いの病気や不幸のある度に、あの人の心の中に何かの間違いがある、
  と責め合う想いが自然と湧きあがってきてしまうのです。
 
  そこで私は、
  この因縁因果説も、心の法則も一度は認めさせながら、
  それをさし示した指を、月(神)のほうに集中させるように、
  病気も不幸も貧乏もすべて
  過去の神を離れていた想念行為の消えてゆく姿なのですよ、
  と月をさす指を消さしめて、
  
  それと同時に、消えてゆく姿を想う時に、
  あなたのうちにある神の姿、本心が輝きでてくるのですよ、
  ですから、ひたすらその業想念を消していて下さる、
  守護霊、守護神に感謝しつづけなさい。
  
  そうすれば、自己の業想念にも、他の人の業想念にも把われず、
  自分の心を赦し、人の心も自ずから責めさいなまない、
  愛と赦しが自然と行われ、
  お互いの心の中の神性が、いつの間にか輝き出てくるのですよ、
  と説いているのであります 」
                             ( 「 人類の未来 」 52、53ページより )

五井先生の教えは、本当に心を明るくしてくれる光の教えです。
どんな時も、光(神)の方に集中できるように説いて下さっているので、
たとえ辛い事があっても、守護の神霊(光)にすがりつきながら、
希望を持って踏んばることができます。

守護霊守護神への感謝行、消えてゆく姿で世界平和の祈り、
という五井先生の教えを、日常生活の中で常にやり続けてゆけば、
誰でも必ず因縁因果を超えることができます。
……と言うより、守護霊守護神様が超えさせて下さいます。

最後になりましたが、

このブログを見て下さる全ての方の守護霊様守護神様、
本当にありがとうございます。

どうか、私達の天命が完うされますように

世界人類が平和でありますように



             世界平和

消えてゆく姿で世界平和の祈り

                    < 世界平和の祈り >

                  世界人類が平和でありますように
                  日本が平和でありますように
                  私達の天命が完うされますように
                  守護霊様ありがとうございます
                  守護神様ありがとうございます




< 五井昌久著 「 神は沈黙していない 」
   196ページ10行目から201ページ10行目まで >


『 私が常に消えてゆく姿です、
という言葉を使っていますが、

これは私独得の言葉ではなく、
今日までの宗教者の大方が使っている言葉なのです。

しかし、使い方が私のように、
素直に相手を納得させるようには、
今日までの誰方もが使っていないのであります。

≪ 中略 ≫

私の教えでは、
自己の悪い想念も、
悪い習慣も、
人の悪想念も、
失敗も、
あらゆる業想念を、
そのまま掴んでいてもよいから、

消えてゆく姿と想い直して、
世界平和の祈りの中に入れてしまいなさい、

瞬々刻々、
ことごとにそうしたやり方で、
自他を責め裁かずに、
消えてゆく姿で世界平和の祈りというような
善い習慣、光明思想の習慣に変えてしまいなさい、
と教えているのであります。

自他の悪い習慣や不幸災難は、
やはり、過去世からの悪い習慣、
光明世界、神のみ心を離れていた頃の
暗黒想念の消えてゆく姿としての現われなのですから、

殊更自己を責め裁いても、
他を責め裁いても仕方のないものなのです。

それを自分が悪い人が悪い、
というように自他を裁いて、
悪い想念を分析しても、

それはかえって、
ますます暗黒想念の中に入りこんでしまうだけなのですから、

悪かった、
或いはしまった、
又は憎らしい、
やっつけてやりたい等々の想いがでたら、

その想いを掴んだままでよいから、
消えてゆく姿として
世界平和の祈りの中に入りこんでしまった方がよいのです。

そうすると、
救世の大光明の光明波動が、
その人の業波動を浄めて下さって、

いつの間にか、
明るい、自信のある想いに、
その人をしてくれるのであります。

これを習慣づけてやっていますと、
次第に想念の転換が早くなりまして、

消えてゆく姿も何も思わなくとも、
常に光明波動に
自己の想念を切り替えることができるようになるのです。

これは容易に入り得て、
効果絶大な、
光明思想の道なのであります。

百の説法屁一つということや、
百知は一真実行に及ばずというように、
これは実行してみることが一番であります。

学問的な人の中には、
種々と宗教書は読むが、
只それを頭脳知識の満足感だけに止めて置いて、
その方法を実行しようとしない人がおります。

それではその人の為にも人類世界の為にも、
今生の役には立ちません。

善いと思ったことは少しでも早く実行なさることが、
智慧であると思います。

消えてゆく姿という言葉は、
実に善い言葉でありまして、

宗教的に諸所を遍歴してきて、
どうしても自分の業(カルマ)というものに
心が把われていた人たちは、
消えてゆく姿なのですよ、という一言で、
業想念に把われていた自分の心が、
ぱっと開いて一瞬にして明るくなったと口々にいっております。

≪ 中略 ≫

空(くう)とか無為では、
頭から、自分には出来ないと思う人も、

この現われのすべては消えてゆく姿ですよ、
という言葉には軽く肯ずけるものがあるのですし、

その奥に、救世の大光明とつながる道である、
世界平和の祈りという祈り言がある、
ということを知ると、
そのことだけでも心が明るくなってくるのです。

消えてゆく姿というのは、
諸行無常という仏教の言葉よりも、
もう一つ深いものがあるのです。

それはどういうものかといいますと、
消えてゆく姿というのは、

消えてゆくという言葉を追ってゆきますと、
どこかにその姿が消えてしまいまして、
何も無くなってしまいます。

即ちそのまま色即是空(しきそくぜくう)の
空(くう)の状態になってしまいます。

ところが、この空の状態だけでは、どうにもなりません。

この宇宙世界の何処を探しても、
何も無い世界というのは無いのでして、

何処も此処も大生命の働きがあるのであります。

真空といわれる状態の中にも、
科学的にいえば、原子が活動しているのでありますし、

宇宙子科学的にいえば、
もっと深い真空の中にも、
宇宙子の活動があるのであります。

そこで、色即是空、
即ちすべての物質や現われは、
これはみんな空なんだ、というのですが、

この空になった瞬間には、
もう空の中から出てくる何かがあるわけなのです。

それを般若心経では、
色即是空の次に空即是色といっているのです。

この空即是色は、
空になったその後から再び色という字が出てくるのであります。

この色が問題でありまして、
色即是空の色とこの空即是色の色とは、
同じ色でも根本的に違うのであります。

色即の色は、
神の光明と業想念との交じった、
いわゆる物質世界的な物や現象のことでありますが、

後の色は、
神の光明波動そのものの現われをさしていっているのであります。

ですから、
一度この世的な物質世界の物事事柄を空と切ってしまうと、

その瞬間から、
神の光明波動が、
そのままこの世に現われてくるのである、
と釈尊はいっているのです。

そこで、私の消えてゆく姿というのは、

諸行無常という、
この世のすべては常に変化していて、
常住しているものは無いという、
この現象世界のことだけをいっているようにとれる言葉よりも、
一歩深く、

神界の光明波動の中に、
消えてゆく姿という言葉で人の想いをひっぱっていって、
神のみ心の中にバトンタッチしてしまう、
光明世界にその人の想いをつないでしまう、
ということになるのです。

色即是空、空即是色ということを易しい行為にしたのが、
消えてゆく姿で世界平和の祈り、ということなのであります。

ですから、
消えてゆく姿は、
只消えてゆく姿だけで使ったのでは、効果が少ないので、

どうしても、
消えてゆく姿で世界平和の祈り、
というようにつづけて使っているのであります。 』



< 感謝の言葉 >


皆様、ブログを見て下さってありがとうございます。

五井先生は、講話集の中でこのようなお話をなさっています。

「 いやな人間が現れて、自分がさんざん尽くしているのに、
  向うでぶつかってきたりするのがあります。
  その時、過去世の借金が消えてゆくんだ、自分の業が消えてゆくんだ、
  というように、すべてあらゆる面で起った嫌なこと、不幸なこと、
  そういうことをすべて消えてゆく姿と観じるわけです。

  そして、世界平和の祈りの中で、守護霊守護神に全部お返ししてしまう、
  すべての想いをお返ししてしまう。
  
  そうすると自分の中の業が消えていって、
  自分だ自分だと思った肉体の自分が、
  いつの間にか神の子の自分に変わってくるわけです。
  
  そうなるに従って、恐怖の想いも少くなり、
  怒りの想いも、いらだちの想いも少くなり、
  妬みや憎み恨みの想いもだんだん少くなってくる。
  
  しだいしだいに少くなってきて、
  しだいしだいに神の子の姿が現れてくる。
  そういう方法を私はとっているわけです。
  
  本当はズバリと、肉体も何もないんだ、
  すべて神のみ心の現れなんだ、自分というものはないんだ、
  とパッと投げ出してしまえばいいけれど、
  それは理想論であって、なかなかできないのです。
  
  それがそのままできれば、昔からお釈迦様が出たり、
  キリストが出たりして、真理を説いているんだから、
  みんな立派になりそうなものだけれど、できないわけです。
  
  お釈迦様とかイエス様とか、法然、親鸞とか、弘法とか道元とか、
  立派な人はできたけれども、普通の人にはできないわけなんです。
  できない人たちのために、法を説きに現れたのが私なんですよ 」
                       ( 「 質問ありませんか? 」148、149ページより )

五井先生の教えは、どんな人でも無理なくできる易しい教えです。
仕事が忙しくてとび回っている人でも、
子育てや家事で忙しい家庭の主婦でも、
勉強やクラブ活動で忙しい学生さんでも、
病気で寝ている人でも……
誰もが、それぞれ置かれた環境の中で行じてゆけます。

〝そうかあ―、それならためしにやってみようかなあ―〟
と、今日初めて五井先生の教えをお知りになった方が、
早速始められたとします……

ご本人が救われることは言うまでもありませんが、
さあ?いったいどれだけ多くの人が救われてゆくのでしょう?
この世の人もあの世の人も含めて、きっと膨大な数の人たちが
救われてゆくにちがいありません。

個人人類同時成道、
自分が救われると同時に人類が救われてゆく、
これが五井先生の開かれた道です。


最後になりましたが、

このブログを見て下さる全ての方の守護霊様守護神様、
本当にありがとうございます。

どうぞ、私達の天命が完うされますように

世界人類が平和でありますように



             世界平和

守護霊守護神が完全に守っています

                     < 世界平和の祈り >

                  世界人類が平和でありますように
                  日本が平和でありますように
                  私達の天命が完うされますように
                  守護霊様ありがとうございます
                  守護神様ありがとうございます




< 五井昌久著 「 想いが世界を創っている 」
   119ページ9行目から124ページ4行目まで >


『 何にもまさって尊いものは、世界平和の祈りです。

世界平和の祈りで守護霊守護神と一緒になって、
この世の中を救ってやらなければいけません。

肉体人間だけでは何事もなし得ないです。

何も出来やしない。

何が出来るかというと、魂が出来るのです。

その魂の力を援助してくれるのは、
守護霊守護神なんです。

守護霊守護神の力がなかったら、
人間は業の波に巻き込まれて、
どうにもなりません。

そこで私は、
守護霊守護神というものを
ハッキリと打ち出したわけです。

守護霊守護神の存在というのは、
今までぼやけていたからね。

それで私は、
「 守護霊というのは祖先の悟った霊で、
  一番身近についているんだよ。
  守護神というのは、直霊の分かれたもので、
  守護霊の上についていて、
  守護霊守護神が協力して、
  この肉体の人間の魂の本質、
  本心を開いてくれるんだよ 」
と言っているのです。

「 守護霊守護神さん 」と感謝していると、
守護霊守護神とぴたっとくっつきます。

守護霊守護神を知らないのは、
業想念が間にいっぱいあって、
うんと離されているからです。

「 守護霊さん守護神さん有難うございます。
  世界人類が平和でありますように 」とやっていると、
どんどん自分とくっついてきます。

ぴたっとくっついたらしめたものです。

危いところでもパッとよけますから。

たとえば上から何か落ちてくる時に自然によけるし、
会いたくない人にはスッと会わなくなるし、
自然に危険を避けるようになってしまうんです。

それが守護霊守護神の力なんですね。

≪ 中略 ≫

世界平和の祈りをして、
いつも守護霊守護神に感謝している人たちは、
危ない時絶対に守護霊守護神が引っ張ってくれます。

だから安心していいですよ。

どんなところに行っても、安心していいです。

大丈夫です。

世界平和の祈りをしていて、危険なことはありません。

だから安心立命して、
世界平和の祈りをしていらっしゃい。

守護霊守護神が守っています。

完全に守っています。

皆さんの目に見えないけれど、
見える人も随分あるんですよ。

ここには一杯守っています。

ここに人間がいます。
すると、正守護霊が一体いて、
副守護霊が二体ぐらいいて、
そしてその上に守護神がついているんです。
これだけでも多いのですよ。

そこにもってきて、
世界平和の祈りの大光明の
守護霊守護神団が応援しているんですから、
これは安全に決まっています。

神々に囲まれていて、
その中で動いているようなものだから、
心配は何もありません。

そういう光の防壁を皆さんは持っていらっしゃるんです。

守護の神霊に感謝するとともに、
世界平和の祈りを一生懸命やっていれば、
絶対に安心なのですよ。

それを心から信じたほうがよろしいですよ。

それが親孝行にもなるし、
祖先への孝行にもなるし、
人類のためになるわけです。

こんなに易しいことはないんです。

今まではそういうことはなかったんですよ。

救世の大光明というのは、そんなに近くにいなかった。

それがズーッと降りてきているんですから、
ここまで( 肉体界まで )降りてきているんですから、
安心していればいい。

祈る人は光り輝いている

霊眼でみると、ここは一杯光り輝いて見えるんです。

私のそばも光り輝いて見えるし、
皆さんだって光り輝いて見える。
そういうものなのです。

人間は大体太陽のような光なんです。
太陽神の光のようなものです。

≪ 中略 ≫

霊光なんです。

ただそれをハッキリ現わしているかいないかの違いだけで、
皆光っているのです。

それで霊光を現わすためにはどうしたらいいかというと、

この世の不幸なこと、
災難も病気も、
嫌なことはみな消えてゆく姿であって、

自分は神の子であり、
神の子の光がそのまま出ているもんなんだ、
という気持ちで、世界平和の祈りをしていれば、
その人は光り輝いている人なんです。

なんでもない易しいこと、
ちっとも難しいことはない。

これが毎日毎日朝三時に起きて、
滝に当たらなければならないとか、
山に籠らなくてはならない≪ 中略 ≫
というのだったら難しいですけれど、

守護霊さん守護神さん有難うございますと、
ただ世界平和の祈りをしていればいいんだ。

寝ていても起きてもいい。

歩いていてもいい。

なんでもいいんだという、こんな楽なことがあるでしょうか。

ありはしません。

こんな楽な宗教の方法ってないんですよ。 』



< 感謝の言葉 >


皆様、ブログを見て下さってありがとうございます。

五井先生のご著書、講話集のどれを開いても
守護霊守護神の話が出てきますが、
私は守護霊守護神の事が書かれている所を読むのが、
大、大、大好きです。
同じ意味の事が書かれていても、何度でもくり返し読んでいます。
何度読んでも、読むたびに嬉しい気持ちになり、
安心感が増してくるからです。……とは言いましても、
決して、不安感や嫌な想いが出なくなったわけではありません。
嫌な事があれば、当然嫌な想いが沢山出てきますし、
調子が悪い時はしんどくて重苦しい想い、不安な想いが出てきます。
しかし、ありがたいことに、五井先生から、
〝この世の現れは全て、過去世の因縁の消えてゆく姿〟
ということを教わっています。
私は何か嫌な事があったり、体調が悪くて辛い時、
この〝消えてゆく姿〟の教えを頭の中でよく整理しています。

「 幽体に溜っていた過去世からの業が、
  嫌な出来事、嫌な想いとなって現れ、今消えていっている。
  業というのは有限なのだから、出てくるたびに消えて無くなり、
  幽体がきれいになっていっている。だから、
  業が消えるたびに、本心(神の心)がどんどん現れているんだ。
  その上世界平和の祈りの大光明が限りなく入ってきているのだから
  きっと想像もつかないほど本心が光り輝いているんだ…… 」

という具合に、静かにゆっくりと、
守護霊守護神様の中で確認するようにしています。

嫌な事があって嫌な想いが出てきた時も、
うまくいかない事があって落ち込む想いが出てきた時も、
調子が悪くて重苦しい不安な想いが出てきた時も、
守護霊守護神様にすがりついて
〝消えてゆく姿で世界平和の祈り〟ができる……
苦しくても悲しくても、いかなる想いが出てこようと、
守護霊守護神様に抱きついて
〝消えてゆく姿で世界平和の祈り〟ができる……
ああ、何てありがたいことでしょう………

「 五井先生ありがとうございます、
  最高にありがたい教えを、本当にありがとうございます 」
という気持ちで一杯です。

最後になりましたが、

このブログを見て下さる全ての方の守護霊様守護神様、
本当にありがとうございます。

どうか、このブログを見て下さる全ての方の天命が
完うされますように

世界人類が平和でありますように



             世界平和
プロフィール

たかひろ

Author:たかひろ
昭和31年生まれ
職業 税理士
現在 兵庫県芦屋市在住
妻と二人暮らし
趣味 音楽鑑賞

    妻
昭和38年生まれ
専業主婦
趣味 ピアノ

≪このブログは妻との合作です≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR