FC2ブログ

一生懸命「必ずよくなる」と思いましょう、何があっても

                     <世界平和の祈り>

                  世界人類が平和でありますように
                  日本が平和でありますように
                  私達の天命が完うされますように
                  守護霊様ありがとうございます
                  守護神様ありがとうございます



< 五井昌久著 「 生命光り輝け 」
             77ページから79ページまで >


『 どんなものでも、時間がたてば必ず消えます。

消えた後には光が現われてくるのです。

業はそのまま消えてゆくのです。

それに加えて守護霊さんが一分一秒のひまもなく、
魂を浄めていて下さるのですから、

守護霊さん有難うございます、
といつも感謝していれば、

本来清浄なるものをかくしていた汚れ、
業が早く消えると同時に、

光が早く現われてくるのです。

人間は本来光であり、

あいつが憎い、
恨めしい、
悲しいなどという想いは業で、

自分ではないのです。

光は業より強いのですよ。

けれど人間はそうは思わず、
業のほうが強いものだ、
と思っている。

それは間違いです。

この誤った考えを正すには、
内なる光、
守護霊守護神のことをひたすら思うことです。

これを続けて行じていれば、
業は自然に消えて、
安心立命の境地を得られます。

どんな災難や病気や碍りがこようと、
自分の魂を守護霊さんが強くしようと訓練されているのだ、
と思い定めることです。

そのように思えれば、
どんな苦しみも、
災難も碍りも、

すべて自分を強くする修行になり、
結局自分は強くなるわけです。

おれはダメだ、
ああ切ない、
恨めしいと想うだけならば、
それは業になってしまうのです。

神さまは悟らせるために人間の魂を鍛えます。

何もしないで、
努力なしで楽をして
悟りを開こうと思うのは誤りです。

どんな仕事であろうと、
二十年、三十年の月日を努力し苦労して、
初めて完成の緒をつかみ得るのです。

完成への最短距離は、
守護霊さんにすがってしまうことなのです。

そして現われて来た悪いことは、
過去世の因縁が現われて消えてゆくのだ、
これで消えるのだ、と想い、

これで善くなるのだ、
必ずよくなるのだと一生懸命想うことです。

いくら想っても想っても、
もうしようがないと思う最後の瀬戸際が大事なのです。

苦しみの極みの、
その次の瞬間に光への門が開かれるのです。

陰きわまる時は陽となる時なのです。

苦しい時は過去の業が大きく消えてゆく時なのです。

苦しみが大きければ大きいほど、
業が大きく消えてゆくのですよ。 』


<感謝の言葉>

皆様、ブログを見て下さってありがとうございます。

五井先生は、

「 現れて来た悪いことは、
過去世の因縁が現れて消えてゆくのだ、

これで消えるのだ、と思い、

これでよくなるのだ、
必ずよくなるのだと
一生懸命思うことです」

とおっしゃっていますが、 
本当に一生懸命思わないと、

悪いことが現れている時に
「必ずよくなる」と思うのは、難しい場合があります。

私は一生懸命守護霊様にすがりついて、

「 守護霊様!これで業が消えてよくなるのですね、
必ずよくなるのですね!」

と語りかけながら、

守護霊守護神様の中で、
一生懸命「必ずよくなる」と思うようにしています。

また、家族や友人が病気だったり、
精神的に苦しんでいる時も、

「 ○○さんは必ずよくなる、
過去世の因縁が現れて消えていっているのだから必ずよくなる 」

と、一生懸命思います。

身近な人が辛そうにしている姿を見れば、

〝かわいそうだなあ〟〝大丈夫かなあ〟

という想いがたくさん出てきますが、

そういう心配な想いがどんなに出てこようと、

そのたびにその人の守護霊守護神様を強く思って、

「 ○○さんの守護霊様守護神様、
どうか○○さんの天命が完うされますように、
世界人類が平和でありますように 」

という祈りに転換してしまいます。

そして、
「 ○○さんの過去世の業が大きく消えていっているんだ、
守護霊守護神様が強い光で浄めて下さっているんだ、
これでよくなる、必ずよくなる 」

と、一生懸命一生懸命思うようにしています。

最後になりましたが、

ブログを見て下さっている全ての方の守護霊様守護神様、
ありがとうございます。

ブログを見て下さっている全ての方の天命が完うされますように

世界人類が平和でありますように


             世界平和

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たかひろ

Author:たかひろ
昭和31年生まれ
職業 税理士
現在 兵庫県芦屋市在住
妻と二人暮らし
趣味 音楽鑑賞

    妻
昭和38年生まれ
専業主婦
趣味 ピアノ

≪このブログは妻との合作です≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR